オートモービル

ミリ波レーダ及びLiDARのテスト・ソリューション【テクトロニクス社】

テクトロニクスはオートモティブ・ソリューションと題して実機によるデモンストレーションを展開。

  • オシロスコープによる100Base-T1のテスト実例
  • 光絶縁プローブによるGaNデバイスの測定
  • 放電ノイズの影響を受けないプロービング・ソリューション

自動運転の実現のためにはレーダやLiDARといったセンサ群の高性能化が必須であるとの指針の元にオートモティブ・ソリューションを推進するテクトロニクス。9GHz帯の広帯域ミリ波レーダに対応したダウンコンバータ及びレーダ信号解析ソフトウェア、LiDARの評価に必要となる1台で32chまでの高速パルスが出力可能な多チャンネル信号発生器及び多チャンネル・オシロスコープによる測定ソリューションを紹介。

関連記事

  1. IKEAは、ホテル、店舗、会議室として機能する将来の自律走行車を…
  2. 自動車大手・吉利汽車(Geely)とボルボカーズ(VOLVO):…
  3. GM傘下のCruise:自動運転新興企業Voyageを買収
  4. ローム:圧倒的ノイズ耐量を達成したオペアンプ「BD8758xYx…
  5. ソニーがCESにて電気自動車を発表
  6. マクニカ:自動運転レベル4に対応。 フランスNAVYA社製の新型…
  7. LiDARの5つの利用方法
  8. 自動運転新興企業・Momenta:シリーズCの資金調達ラウンドで…
PAGE TOP