オートモービル

想定以上の来場者数を記録

日本の自動車産業の中心地である名古屋の政財界からの熱烈な要望により、今回当地で初めての開催となった「名古屋オートモティブワールド」。
590社のメーカー、サプライヤーが出展。

ふたを開けてみれば、3日間合計で総来場者数36,281名を記録。想像以上の来場者の多さに主催者である「リード・エグジビション・ジャパン」も驚きを隠せなかったようだ。

来年9月18日から20日まで名古屋で開催予定の第2回オートモーティブワールドへの出展申し込み受付も行われ、初日から半数近くのブースがソールドアウトとなっていた。ちなみに次回は160社増えて、750社が出展予定。

日別来場者数


9月5日(水) 9月6日(木) 9月7日(金) 3日間合計
(1)来場者数 3,529 4,476 5,231
13,236
(2)VIP来場者数 1,388 1,516 1,181
4,085
(3)来賓 76 3 11
90
合計来場者数 4,993 5,995 6,423
17,411
<同時開催展>        
ネプコンジャパン 1,775 1,916 2,027
5,718
ロボテックス 2,157 2,394 2,644
7,195
スマート工場EXPO 1,697 1,825 2,435
5,957
合計来場者数 5,629 6,135 7,106
18,870
         
総来場者数 10,622 12,130 13,529
36,281
         
セミナー受講者数 5,105 4,202 3,873
13,180
報道関係者数 42 34 21
97

関連記事

  1. ボルボとLiDAR(ライダー)メーカーのルミナーが2022年まで…
  2. 太陽誘電が自動車のエンジン ECU などのパワートレイン向け15…
  3. 空飛ぶ自動車-2023年の実用化を目指して
  4. 吉利傘下・ECARX:ボルボカーズと合資会社を設立
  5. ニチコン:導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサ「GYAシ…
  6. 自動車イノベーションマップ
  7. 空飛ぶクルマ「テラフージア・トランジション」
  8. IKEAは、ホテル、店舗、会議室として機能する将来の自律走行車を…
PAGE TOP