IOT

世界最先端の3Dイメージングセンサー【Vayyar】

カメラなしで周囲すべてをリアルタイムで追跡するシステム

2011年に設立されたVayyarは、高周波を使用して迅速かつ低コストでヒトの組織を調べることによって、乳がん検出のための新しい方法を開発するというビジョンから始めました。

技術が成熟し発展するにつれて、Vayyarはそれを活用して新しい機能を開拓し、スマートホーム、セキュリティ、自動車、小売、高齢者介護、建設、農業などの分野にその適用範囲を広げました。

このイメージングセンサーは非常に微妙な動きとそれらが来る方向を検出することができます。

この技術は、人が転倒して起き上がることができなかったり、呼吸を止めたりした場合に警報システムとして使用することができます。

使い方

Vayyarの強力でユニークなチップは高度なRF技術に基づいてリアルタイムで高解像度画像を作成します。

このチップは72の送信機と72の受信機で3GHz-81GHzのイメージングとレーダー帯域をカバーします。大容量の内部メモリを備えた統合型高性能DSPによって強化されたVayyarのセンサーは、複雑なイメージングアルゴリズムを実行するために外部CPUを必要としません。

複数の信号を送受信して解析することで、高解像度の3D画像を作成できます。これまでにない数のトランシーバと高度なDSPを統合しているため、当社の技術は高精度で高解像度の輪郭を作成することができます。

【MWC2019バルセロナでのインタビュー動画】

 

BBCでの紹介動画はこちら
https://www.bbc.com/news/av/technology-38608135/radar-sensor-for-the-home-which-can-see-through-walls

関連記事

  1. KLEIN:空飛ぶクルマが飛行試験に合格。次の目的は新しい市場の…
  2. BYD:NORUと共同開発した次世代の電気自動運転配送車を発表
  3. 第1回名古屋オートモティブワールド開催
  4. BYD&ADL:ノッティンガムシャー州議会に10.2メートルの電…
  5. GM傘下のCruise:自動運転新興企業Voyageを買収
  6. CATL(寧徳時代):SERES(賽力斯)のAITO問界シリーズ…
  7. KDDI:「KDDI 5G ビジネス共創アライアンス」を設立。5…
  8. Qualcommは14億ドルでCPUの新興企業Nuviaを買収
PAGE TOP