その他

AMDが第3世代Ryzenファミリーを発表

米AMDは3月27日、COMPUTEX TAIPEI 2019にて、基調講演を行なった。このなかで、同社CEOのリサ・スー氏は、新アーキテクチャ「Zen 2」を採用するCPU「Ryzen 7 3000」シリーズの情報を公開した。

新製品は、Ryzenとして第3世代となるが、第1、第2世代から刷新された7nmプロセスのZen 2アーキテクチャを採用。これにより、浮動小数点性能は2倍、キャッシュ容量も倍増し、クロック当たりの命令実効性能(IPC)は15%改善された。

COMPUTEX2019での基調講演の動画から
見どころをピックアップしてみました。


AMDの新GPU、Radeon RX5000とNvidia RTX2070の比較映像。実際のデモでライバルとの優位性をアピールしている。


第三世代のRyzenファミリーの紹介。 Ryzen7 3700XとインテルCorei7 9700Kとのベンチマーク比較映像。


こちらはRyzen7 3800XとインテルCorei9 9900Kとのベンチマーク比較映像。


CPUとGPUを組み合わせたシステムでの優位性をデモで実演。
インテルとNvidiaのシステムを圧倒していることを観客の前で証明してみせた。


最後にRyzen9 3900XとインテルCorei9 9920Kとのベンチマーク比較映像。
ここでもレンダリングデモを利用してインテルのフラッグシップCPUを凌駕していること見せつけた。

 

関連記事

  1. TDK:優れたリプル電流耐量を持つ、アルミ電解コンデンサを発売
  2. ヒロセ電機:ねじは不使用。電気設備とケーブルとの接続を可能にする…
  3. TDK:第3四半期の売上高、営業利益四半期ベースで過去最高を更新…
  4. Akamaiのない世界
  5. 「第30回Japan IT Week 春」 に280社が出展。 …
  6. OKI:リチウムイオン電池の焼損事故解析サービスを開始
  7. ファーウェイ:10月22日。Androidスマートフォン「Mat…
  8. スーパーコンピュータ「富岳」 性能ベンチマークで世界第1位を獲得…
PAGE TOP