MWC

KTが世界初の商用5Gネットワークを開始

スペインのバルセロナで開催されたMWC 2019で5Gスマートフォンを展示したKTが世界初の商用5Gネットワークを開始。

韓国最大の通信会社KT Corporationは、世界初の商用第5世代(5G)無線ネットワークを韓国全国で正式に開始し、消費者および企業向けの超高速で極めて信頼性があるコネクティビティーの新時代の幕を開けた。

加入者は仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、高解像度映画、クラウドベース・ゲームを含む次世代無線サービスを十分に楽しむことができる。

KTは2018年11月に韓国で商用5Gネットワークの第1段階を展開した。全国サービスはまず、ソウル、その周辺の大都市圏、その他6つの都市、85の主要都市の大半、70の大規模ショッピングモール・ディスカウントストア、464の大学キャンパスを含む韓国の最も人口過密地域をカバーする。

Korea Telecomとしてこれまで知られていた5G韓国のモバイルリーダーは単独で商用5Gネットワークを構築し、2つの主要高速道路、6カ所の空港、高速鉄道の地上セクションを含む韓国の主要輸送ルートをカバーしてきた。同社は地下鉄や、公官庁、大学病院など主要地点に拡大することを計画している。

関連記事

  1. FDK:高出力円筒形二酸化マンガンリチウム一次電池の生産能力を2…
  2. ローム:中国最大の車載エアコンメーカーと技術共同実験室を開設
  3. 長城控股:シノペックと水素エネルギーについて提携契約
  4. ミネベアミツミ:群馬県及び岐阜県に半導体の設計開発拠点を新設
  5. BBCがコロナウイルスがもたらす経済的影響を視覚化
  6. 太陽誘電:積層セラミックコンデンサの需要増に対応。八幡原工場に新…
  7. 村田製作所:野洲事業所の新生産棟完成。電極材料の生産能力強化
  8. ファンジブル、CPU、GPUと並ぶ第3の頭脳、DPUを発表
PAGE TOP