オートモービル

ダイムラー、CES2020にて新型コンセプトカー「VISION AVTR」を発表

メルセデスベンツは、1月6日、米国ラスベガスで開幕中のCES 2020にてコンセプトカーの『ヴィジョンAVTR』(Mercedes-Benz VISION AVTR)を公開した。

ヴィジョンAVTRは、メルセデスベンツと映画『アバター』のグローバルパートナーシップの成果として製作された自動運転EVのコンセプトカーだ。

基調講演には、ダイムラーおよびメルセデス・ベンツのオラ・ケレニウス会長と、映画「アバター」で監督を務めたジェームズ・キャメロン氏らが登壇した。

このVISION AVTRでは、クルマの操作をセンターコンソールに用意されたマルチファンクショナルエレメントで行なう。このマルチファンクショナルエレメントを前後左右に動かすことでクルマの移動をコントロールする。

インテリアデザイン、エクステリアデザインともに自然に触発されたもので描かれ、エクステリア全体を一つの矢のようにデザイン。リアゲート部には特徴的な33個の多方向に動く「バイオニックフラップ」を装備している。

VISION AVATR at CES2020

関連記事

  1. GM傘下のCruise:自動運転新興企業Voyageを買収
  2. baidu(百度)、中華人民共和国:北京で自動運転タクシーサービ…
  3. 第1回名古屋オートモティブワールド開催
  4. 自動運転新興企業・Momenta:シリーズCの資金調達ラウンドで…
  5. 鴻海科技集団(フォックスコン):自動運転新興企業「AutoCor…
  6. 太陽誘電が自動車のエンジン ECU などのパワートレイン向け15…
  7. IKEAは、ホテル、店舗、会議室として機能する将来の自律走行車を…
  8. Qualcommは14億ドルでCPUの新興企業Nuviaを買収
PAGE TOP