インダストリー

BBCがコロナウイルスがもたらす経済的影響を視覚化

By Lora Jones、David Brown、Daniele Palumbo
BBC News
2020年3月28日

12月31日の発生以来、FTSE、ダウジョーンズインダストリアルアベレージ、日経平均はすべて大幅な下落を見せています。

企業の株式が売買される株式市場の大きな変化は、年金や個人の普通預金口座(ISA)への多くの投資に影響を与える可能性があります。

ダウとFTSEは最近、1987年以来1日で最大の減少を示しました。

投資家は、コロナウイルスの蔓延が経済成長を破壊することを恐れており、政府の行動は衰退を食い止めるのに十分ではないかもしれないと懸念しています。

これを受けて、英国を含む多くの国の中央銀行は金利を引き下げました。

理論的には、借り入れを安くし、支出を増やして経済を後押しする必要があります。

米国上院が労働者と企業を支援するために2兆ドル(1.7兆ポンド)のコロナウイルス援助法案を可決した後、世界市場もある程度の地位を回復しました。

しかし、一部のアナリストは、パンデミックが封じ込められるまで変動する可能性があると警告しています。

米国では、失業を申請している人々の数は過去最高を記録し、世界最大の経済国の1つが10年間に拡大したことを示しています。

最も大きなヒットの間の旅行

旅行業界はひどくダメージを受けており、航空会社が飛行機を切ったり、観光客が出張や休暇をキャンセルしたりしています。

世界中の政府は、ウイルスを封じ込めようとする旅行制限を導入しています。

EUは、コロナウイルスの危機のため、国境を封鎖するという前例のない動きで、ブロック外からの旅行者を30日間禁止しました。

米国では、トランプ政権はヨーロッパの空港からの旅行者が米国に入国することを禁止しています。

フライト追跡サービスのFlight Radar 24のデータは、世界中のフライト数が大きな打撃を被ったことを示しています。

英国の旅行業界の専門家も、中国人観光客が自宅にいることについて懸念を表明しています。VisitBritainによると、2019年9月までの12か月間に中国から英国への訪問は415,000回でした。中国人旅行者はまた、英国への平均訪問にそれぞれ3倍の費用をそれぞれ1680ポンドで費やしています。

消費者は食品を備蓄

パンデミックの拡大に伴い、顧客がトイレットペーパー、米、オレンジジュースなどの備品を備蓄しているため、スーパーマーケットやオンラインデリバリーサービスの需要は大幅に伸びています。

ロックダウンの影響が見える

Covid-19の発生の拡大を阻止するために、世界中の多くの国が非常に厳しい対策を実施し始めました。国と世界の資本は厳格な封鎖下に置かれ、主要な工業生産チェーンを完全に停止させました。

欧州宇宙機関は、ヨーロッパの空全体で汚染の印象的な減少を記録しています。

新しい画像は、ヨーロッパの主要都市、特にパリ、ミラノ、マドリードで排出量の大幅な削減が現在どのように行われているかを明確に示しています。

中国の工場は減速した

コロナウイルスが最初に出現した中国では、工業生産、販売、投資はすべて、2019年の同時期と比較して、今年の最初の2か月で減少しました。

中国は世界の製造業の3分の1を占め、世界最大の商品輸出国です。

制限は、産業機器メーカーJCBや自動車メーカーの日産などの大企業のサプライチェーンに影響を与えています。

ショップや自動車販売店はすべて需要の減少を報告しています。

たとえば、中国の自動車販売は2月に86%減少しました。TeslaやGeelyなどのより多くの自動車メーカーが、顧客がショールームから離れているため、オンラインで車を販売しています。

「より安全な」投資さえ影響を受けた

金は伝統的に、不確実な時期に投資するための「安全な避難所」と考えられています。

危機が発生すると、投資家はリスクの少ない投資を選択することがよくあります。

しかし、投資家が世界的な不況を恐れていたため、金の価格でさえ3月に一時的に下落しました。

同様に、石油は2001年6月以来見られない価格に落ち込んだ。

投資家は、ウイルスの世界的な拡散が世界経済と石油の需要にさらに打撃を与えることを恐れています。

石油価格はすでに、石油生産者のグループであるOpecとロシアの間の行の影響を受けていました。コロナウイルスはさらに価格を引き下げました。

成長は停滞する

経済が成長している場合、それは一般により多くの富とより多くの新しい仕事を意味します。

国内総生産の変化率、または生産された商品やサービスの価値(通常は3か月または1年間)を調べることによって測定されます。

経済協力開発機構(OECD)よると、コロナウイルスの発生により、世界経済は2009年以来、最も遅い速度で成長する可能性があります。

シンクタンクの予測によると、2020年の成長率は2.4%であり、11月の2.9%から低下しています。

また、工場が活動を停止し、労働者がウイルスを封じ込めようと家に留まるため、「より長く、より集中的な」大発生は、2020年に1.5%に成長を半減させる可能性があるとも述べました。

関連記事

  1. 昭和電工:電動車用アルミニウム製冷却器の生産ラインを増設
  2. ローム:中国最大の車載エアコンメーカーと技術共同実験室を開設
  3. KTが世界初の商用5Gネットワークを開始
  4. 日本より進んでいる台湾のCOVID対応
  5. 村田製作所、中国深圳に電波暗室を新設し、EMC評価サポートを開始…
  6. 【CNBC発】コロナウイルスの影響にもかかわらず、米国企業は依然…
  7. 三菱電機がローカル5Gの実証実験を開始
  8. Mobile World Congress事務局プレス向けメール…
PAGE TOP