インダストリー

【CNBC発】コロナウイルスの影響にもかかわらず、米国企業は依然として中国の消費者に賭けている

By Evelyn Cheng
CNBC
3月25日

  • 中国の北京に拠点を置く米国商工会議所による3月13日から18日までの119社の調査では、大幅な収益の低下が発生していると答えた回答者の割合が、先月の28%から50%に増加しました。 
  • 消費者業界は、今年の市場の成長に対するこの病気の影響について最も悲観的であり、セクターの企業の38%が少なくとも50%の減少を期待していた。 
  • しかし、消費者セクターの企業の割合が最も高く、以前に計画された投資を維持すると回答しており(46%)、8%が計画投資を増加させると回答している、という調査結果が出ています。
2017年3月16日、上海にあるスポーツ用品大手のナイキの旗艦店内で、従業員が働いています。

コロナウイルスによる事業の混乱が売上高を押し下げているとしても、中国のアメリカ企業は依然として地元の消費者に賭けています。 

中国の北京に拠点を置くアメリカ商工会議所による3月13日から18日までの119社の調査では、大幅な収益の低下を経験しているという回答者の割合が50%に増加しました。これは先月の28%から増加しています。 

「この調査で見られるような消費者セクターは特に大きな打撃を受けています」とアムチャム中国のアラン・ビーベ大統領は水曜日の朝の記者団との電話で言った。「(それは)最大の収益の混乱の1つがあったセクターです。」

「一方で、投資計画が実際に変更されていないのはテクノロジーとともにセクターです」と彼は言った。「私がそれを解釈する方法は、彼らが短期間にヒットしている間、見通しに根本的な変化はないということです。」

正式にはCOVID-19と呼ばれ、中国の武漢市で12月下旬に発生した伝染性の高い病気で、過去数週間で世界中に急速に広がりました。 水曜日の時点で、このウイルスは世界中16,000人を超える人々を殺しており、そのうちの3,200人以上が中国を占めています。 イタリアから米国までの国の政府は、人々に家にとどまり、重要でないビジネスを閉鎖することを求めてきました。

操業停止は世界的な不況の恐怖に拍車をかけ、金融市場を世界中に送りました。

CFRAのチーフ投資ストラテジストであるSam Stovallによる3月20日のメモによると、S&P 500の1株当たり営業利益は今年わずか0.2%増加すると予想され、消費者の裁量は1.3%減少します。

3月に発行されたFactSetの分析によると、多くの企業、特に自動車、アパレル、エンターテインメントなどの非本質的な商品やサービスを提供する消費者裁量部門の企業は、四半期収益のコールで「コロナウイルス」または「COVID-19」に言及しています。 20。

シニア収益アナリストのジョンバターズのレポートによると、これら2つの用語について議論したS&P 500の213社の場合、中国への平均収益エクスポージャーは6%です。

コロナウイルスが最初に中国で発生したとき、企業は世界のサプライチェーンの混乱と世界で2番目に大きい経済の成長を最も懸念していました。 海外での発生の加速は、中国とその数億人の消費者が仕事に戻ったとしても、懸念を世界的な成長にシフトさせました。

AmChamの議長であるGreg Gilligan氏は、CNBCの広報担当者は、「世界的なパンデミックの状況にあり、サプライチェーンの理由から、メンバー企業の製品やサービスに対する需要は大幅に変化しました。 「Squawk Box Asia」水曜日。

同氏はまた、メンバーは年間のコスト削減、予算の修正、予測の変更を計画しているが、まだスタッフの調整や削減は行っていないと述べた。

3月の回答者の割合の増加は、自社製品の需要が低下したと述べた—  2月の22%に対して企業の39%。

サプライチェーン側では、AmChamのメンバーは、中小企業の比較的遅い仕事の再開による影響をあまり受けませんでした。 調査によると、回答者のほぼ3分の2が、これらの中小企業がサプライチェーンの4分の1以下を占めていると答え、11%のみが強い依存度を示しています。

まだ投資を計画している消費者企業

昨年末の商工会議所の年次ビジネス状況調査によると、消費者セクターは、中国の大規模で成長する中産階級を考えると、2020年の中国での市場機会についてより楽観的な業界の1つでした。

先週のメンバーの速報調査では、消費者だけでなく、リソースや産業産業も今年の市場成長に対するウイルスの影響について最も悲観的であり、両方の産業の38%の企業が少なくとも50%の減少を期待しています。

しかし、消費者セクターの企業の割合が最も高く、以前に計画された投資を維持すると回答したのは46%であり、8%は計画された投資を増やすと回答しました。

サービス部門は、投資を増やすことを計画しているビジネスを報告する唯一の他の業界であり、これも8%でしたが、テクノロジー業界は、投資を維持している企業の2番目に高い比率、43%でした。

中国の外務省によると、中国への対外直接投資は 2月に25.6%減少し、年の最初の2か月の総額は1,344億元(192億ドル)で、前年比8.6%減少しました。コマース。

AmChamメンバー全体では、40%が最新の調査で、以前の計画レベルの投資を維持すると述べ、先月の23%から増加しました。 3月の調査によると、中国市場からの撤退を今後3〜5年で検討すると回答したのは2%だけでした。

「これは、最終的にビジネスが中国で通常に戻るという忍耐と自信の両方を示しており、これが長期戦略に突然の変化をもたらすことはないだろう」とビービー​​氏は語った。

調査によると、回答者の5分の1以上がすでに仕事を再開しており、13%が今月末までに通常の運用を再開すると予想しており、4月末までに23%と回答しています。

調査によると、政府のサポートに関しては、一番の問題は税の軽減であり、中国のさまざまな地域での政策と旅行制限の一貫性がそれに続きます。

調査結果に基づくと、AmChamのギリガン会長はまた、コロナウイルスからの圧力が中国にビジネス環境の改革に踏み出すさらなる原動力を与えると楽観的でした。

関連記事

  1. ローム:中国最大の車載エアコンメーカーと技術共同実験室を開設
  2. 現代自動車グループ:海外初となる水素燃料電池システム専用工場「H…
  3. 三菱電機がローカル5Gの実証実験を開始
  4. 村田製作所、中国深圳に電波暗室を新設し、EMC評価サポートを開始…
  5. 昭和電工:電動車用アルミニウム製冷却器の生産ラインを増設
  6. ミネベアミツミ:群馬県及び岐阜県に半導体の設計開発拠点を新設
  7. ローカル5G免許申請支援マニュアル
  8. アルプスアルパインが衛生面に配慮したタッチレス操作パネルを新提案…
PAGE TOP