コロナウィルス

日本より進んでいる台湾のCOVID対応

感染者数「ゼロ」を祝うためにライトアップされたグランドホテル台北

セントラルエピデミックによると、4月14日台湾では、火曜日の36日間で初めて新しいコロナウイルス病(COVID-19)の新規症例は記録されず、パンデミックが昨年後半に始まって以来、合計でも393人に保たれてます 。

翻って世界的な状況を見ると、COVID-19は184の国と地域で1,866,085人の患者に感染しました。これには、米国の580,619人、スペインの169,496人、イタリアの159,516人、ドイツの123,016人、フランスの98,076人が含まれ、CECCの統計によると合計118,418人が死亡しています。

なぜ、台湾はコロナウィルスの抑え込みに成功しているのでしょうか。

ジョンズホプキンズ大学が世界で二番目に感染者が多くなるだろうと予測していた台湾。
しかし、現在までのところ、台湾での感染者は393人と驚異的に低い数字になっています。

こちらの動画で台湾のコロナウィルス対策を紹介していますので
ご覧になってください。

関連記事

  1. 【CNBC発】コロナウイルスの影響にもかかわらず、米国企業は依然…
  2. BBCがコロナウイルスがもたらす経済的影響を視覚化
  3. Mobile World Congress事務局プレス向けメール…
PAGE TOP