5G

三菱電機がローカル5Gの実証実験を開始

三菱電機株式会社は、総務省から第五世代移動通信システム(以下5G)の実験試験局免許を取得し、ローカル5Gの実証実験を2020年5月18日から同社の名古屋事業所(愛知県名古屋市)で開始する。

 実証実験の内容としては、1.ローカル5G基地局を介したFA製品同士の5G通信接続および5G通信性能の技術検証。2.ローカル5Gユースケースの検討(遠隔での運用保守作業支援、AR/VRを活用した作業効率化など)の2点が計画されており使用周波数は、28.2GHz~28.3GHz。同社の他事業所での実証実験も順次開始する。今後、同社の製品やサービスに活用するとともに、顧客やパートナー企業との連携による新たなビジネスやサービスの創出を目指す。そのために「5Gオープンイノベーションラボ」を2020年度中に当社の情報技術総合研究所(神奈川県鎌倉市)に設置する予定。

関連記事

  1. ファンジブル、CPU、GPUと並ぶ第3の頭脳、DPUを発表
  2. ヒロセ電機:合高さ0.92mmハイトの超小型、30GHz対応「C…
  3. ミリ波帯ローカル5Gシステムに対応した無線基地局の自動配置計算を…
  4. ヤマハ発動機:ロボティクス事業の中国蘇州での拠点整備・拡充
  5. 長城控股:シノペックと水素エネルギーについて提携契約
  6. ローム:吉利汽車集団(Geely Automobile Grou…
  7. 村田製作所:野洲事業所の新生産棟完成。電極材料の生産能力強化
  8. 村田製作所:電子機器向け、世界最薄クラスの放熱部品開発
PAGE TOP