AR/VR

自動運転“レベル3”の車が走行可能に

Print Friendly, PDF & Email

 道路交通法が改正されレベル3の運転自動化が2020年4月1日に解禁された。運転自動化はレベル0から5の6段階に分かれており、自動運転はレベル3、4、5に含まれる。レベル3の自動車では、一定の条件の下であれば、運転者がハンドルから手を離すなどしてシステムに運転を任せられるようになる。運転操作をシステムが安全に代わってくれるのであれば、交通事故の減少が期待される。このほかにも、渋滞の緩和や移動手段の確保など、交通に関する課題の解決につながると、期待は大きい。

政府広報オンラインによるとレベル0からレベル5の定義は下欄のとおり。

運転自動化レベル概要運転操作の主体
運転者が一部またはすべての運転操作を実行
レベル0運転者がすべての運転操作を実行運転者
レベル1システムがアクセル・ブレーキ操作またはハンドル操作のいずれかを条件下で部分的に実行運転者
レベル2システムがアクセル・ブレーキ操作またはハンドル操作の両方を条件下で部分的に実行運転者
自動運転システムが(作動時は)すべての運転操作を実行
レベル3システムがすべての運転操作を一定の条件下で実行
作動継続が困難な場合は、システムの介入要求等に運転者が適切に対応
システム(作動継続が困難な場合は運転者)
レベル4システムがすべての運転操作及び作動継続が困難な場合への対応を一定の条件下で実行システム
レベル5システムがすべての運転操作及び作動継続が困難な場合への対応を条件なしで実行システム

 これを受けて日本の大手自動車メーカー3社の動向をみると年内にレベル3に適応した車の発表または発売といった動向が見受けられる。トヨタ自動車は、オリンピック選手村での運転自動化のデモンストレーションを予定していたが、それが新型コロナウィルスのためにオリンピック自体が中止。しかし、同社はレベル4を含めた技術の発表が期待される。ホンダは、技術は確立しているものの販売方法を模索している様子。販売されれば国内では一番乗りになる可能性がある。日産自動車は、『2020年までに革新的な自動運転技術を複数車種に搭載する予定』と2013年に発表した。今後は、同社の運転操作支援技術である“プロパイロット2.0”の進化が期待されている。

 輸入車においては、独アウディが同社が持つレベル3相当の機能「Audi AI トラフィックジャムパイロット」搭載車を販売する予定。独ベンツはすでにレベル2相当の車を販売しているが今後はレベル2をさらに進化させていく形をとると言われている。米国フォードは、すでに2016年にレベル3を飛び越してレベル4に対応した自動車を2021年に量産すると発表した。全世界を脅威に陥れた新型コロナウィルスがどれだけ影響したかは計り知れないが、フォードは自動運転車を新しい種類のビジネスチャンスの創成と位置付けている。

関連記事

  1. ポニー工業の非破壊検査
  2. Insider Navigation
  3. 菱電湘南エレクトロニクス
  4. ソサエティ5.0【防災】
  5. デンソーのUAV(ドローン)活用の橋梁点検・測量サービス
  6. 導電性高分子タンタルコンデンサで飛躍をはかるトーキン
  7. 自動運転におけるLiDARの役割り
  8. アルプスアルパインが衛生面に配慮したタッチレス操作パネルを新提案…
PAGE TOP