AI

ボルボとLiDAR(ライダー)メーカーのルミナーが2022年までにハンズフリー運転を提供

Print Friendly, PDF & Email

レベル3機能は業界初

5月8日発表のボルボのプレスリリースによると、ボルボはテクノロジー企業のルミナールと提携し、ボルボの次世代自動車向けに業界をリードするLiDARと知覚技術を提供することにより、新しい安全性と技術の基準を策定します。

この提携により、ボルボ初の完全自動運転技術が高速道路に提供され、将来のアクティブな安全開発への道が開かれます。

Volvo Carsの次世代SPA 2モジュール式車両アーキテクチャは、2022年の生産開始からハードウェアに対応し、ルーフにシームレスに統合されたLuminar LiDARを備えた自動運転に対応します。

業界の主流になる可能性が高いLuminar社のLiDAR搭載のボルボ

尚、詳細はボルボジャパンのプレスリリースをご覧になってください。
https://www.vcj-press.jp/pressrelease/20200508

関連記事

  1. 文遠知行(WeRide):中国初となる自動運転車の「オンライン予…
  2. 空飛ぶ自動車-2023年の実用化を目指して
  3. IntelのMobileyeを利用して衝突率を50%下げる
  4. 日立製作所が「高速人物発見・追跡ソリューション」を提供開始
  5. baidu(百度)、中華人民共和国:北京で自動運転タクシーサービ…
  6. NEC:腸がんの早期発見精度の改善に期待。AIで病変が疑われる部…
  7. 電気自動車メーカー・NIO:初の自動運転モデル「ET7」を発表
  8. 第1回名古屋オートモティブワールド開催
PAGE TOP