AI

メルセデスが提唱するクルマの新たな価値「CASE」

2016年9月に行われた「パリモーターショー2016」で、メルセデス・ベンツは、パワートレインの変革を掲げた「EQ」と同時に、「CASE(ケース)」と名づけた中長期戦略を発表した。ディーター・ツェッチェ ダイムラーAG取締役会会長 兼 メルセデス・ベンツ・カーズ統括が「EQ」について「移動手段としてのクルマの存在意義を拡張し、特別なサービスと体験する、まったく新しいモビリティである」と述べた。その「存在意義の拡張」を包括的に実現する「CASE」は、自動車の在り方や概念を変える革新的なプランでもある。

Connected(コネクテッド)

Connected(コネクテッド)

快適で安全、そして新しい次元のエンタテインメントをクルマが提供する時代へ

Autonomous(自動運転)

Autonomous(自動運転)

自動車事故ゼロ社会の実現のために。自動運転の先駆者が目指す「究極の理想」

Shared&Services(シェアリング)

Shared&Services(シェアリング)

より柔軟さを増すクルマ社会にダイムラーAGが提案する、最先端のサービス

Electric(電動化)

Electric(電動化)

クルマの歴史が大きく変わる。パワートレインは今、知性を持ち、動き始める

「CASE」の構成要素である「Connected(コネクテッド)」「Autonomous(自動運転)」「Shared & Services(シェアリング)」「Electric(電動化)」の中で、実現に向けていち早く動き出したのは「A」=自動運転だった。1978年のSクラス(W116)に導入されたABS、1981年のSクラスで発表されたエアバッグ、1995年のSクラスクーペに採用されたESPなど、メルセデスが世に先駆けて送り出した数々のアイデアは機器類の画期的な進歩を背景に実現したものだが、今から遡ること50年以上前から、メルセデスは、さらに進んだ今日の姿をすでに見ていた。

メルセデスの自動運転研究開発は、クルーズコントロールがそもそもの出発点であった。1960年代には、欧州で販売されるメルセデス・ベンツ全車に標準装備された。そして1980年代、商用車「ヴァリオ」を実験車両にしてこの研究開発が具体化するものの、車載コンピュータの情報処理能力が追いつかず、当時の技術レベルでは半自動(自律)運転が限界であった。そうした自社での研究開発と並行してメルセデスは、あらゆる交通状況の中で安全性を高め、未来のクルマ社会の主要問題について解決策を研究する「PROMETHEUS(プロメテウス=Programme for a European Traffic with Highest Efficiency and Unprecedented Safety=最高の能率と空前の安全性を備えた欧州交通計画)」プロジェクトを創始する。欧州研究事業Eureka(ユリーカ)の一環として進められた研究を通じ、研究者たちが導き出した手法とは、カメラやセンサーを用いてクルマに知性を持たせるというものだった。プロジェクトが終わる頃には、ネックだったコンピュータの情報処理能力は格段に向上。4つのカメラと当時最新のマイクロプロセッサを搭載して製作されたSクラス(W140)の自動(自律)運転ロボットカーは1995年、ミュンヘンからコペンハーゲンを走りきることに見事成功した。

関連記事

  1. レベル4の自動運転技術で知られる文遠知行(WeRide):中国広…
  2. アルプスアルパイン:仙台ソフトウェア開発センターを開所。次世代自…
  3. 電気自動車メーカー・NIO:初の自動運転モデル「ET7」を発表
  4. 主なLiDAR製造メーカー
  5. 文遠知行(WeRide):中国初となる自動運転車の「オンライン予…
  6. ドアハンドル用静電容量式タッチセンサ【ホシデン株式会社】
  7. ルネサス:サラウンドビューやリアカメラシステムに向けた、HDカメ…
  8. 自動運転新興企業・Momenta:シリーズCの資金調達ラウンドで…
PAGE TOP