オートモービル

電気自動車メーカー・NIO:初の自動運転モデル「ET7」を発表

Print Friendly, PDF & Email

中国の電気自動車メーカー・NIO(ニーオ) は、2021年1月9日、成都で開催された「NIO Day2020」でNIO初となる自動運転モデル「ET7」を発表した。

NIO最新の自動運転技術NADを搭載

「ET7」には「NIO Aquila スーパーセンシング」と「NIO Adamスーパーコンピューティングプラットフォーム」をベースにしたNIO最新の自動運転技術「NAD(NIO Autonomous Driving)」を搭載し、安全な自動運転を可能にした。

NIO Aquilaは8メガピクセルの高解像度カメラ11台、超長距離高解像度LiDAR 1台、ミリ波レーダー5台、超音波センサー12台、高精度測位ユニット2台、V2XとADMSを含まれる高性能センシングハードウェア33台を搭載し、1秒あたり8GBの画像データの生成できる。
NIO AdamはNVIDIA DriveOrinチップ4つを搭載し、最大計算能力は1016TOPSに達する。

また、NIOの第2世代デジタルコックピットを採用し、車載モバイル接続および通信機能を強化するため、Qualcomm®の第3世代自動車用コックピットプラットフォームSnapdragon™を搭載している。

航続距離最大1000km超

ボディサイズは全長5,098mm、全幅1,987mm、全高1,505㎜。フロント180kW永久磁石モーターとリア300kW誘導モーターを搭載し、最高出力480 kW、最大トルク850 Nm、0-100km/h加速3.9秒、100km/hからの制動距離は33.5m。航続距離はバッテリー容量70kWhの場合は500㎞、100kWhの場合は700㎞。さらに新開発の150 kWhバッテリーを組み合わせることにより1000㎞超の航続も可能となる。

詳しくは下記NIOホームページをご確認ください。

NIOホームページ:https://www.nio.com/news/nio-launches-first-autonomous-driving-model-et7

関連記事

  1. 空飛ぶ自動車-2023年の実用化を目指して
  2. ドアハンドル用静電容量式タッチセンサ【ホシデン株式会社】
  3. IKEAは、ホテル、店舗、会議室として機能する将来の自律走行車を…
  4. ソニーがCESにて電気自動車を発表
  5. 第1回名古屋オートモティブワールド開催
  6. メルセデスベンツの自動運転
  7. 自動車イノベーションマップ
  8. 第1回名古屋オートモティブワールド開催
PAGE TOP