インダストリー

村田製作所、岡山にて新生産棟・厚生棟竣工

Print Friendly, PDF & Email

株式会社村田製作所の岡山県にある生産子会社、株式会社岡山村田製作所は新生産棟 および 厚生棟・エネルギー棟の増築を2019年12月より進めていたが、2021年1月20日に竣工式を行ったと発表した。

今回の新生産棟の完成によって、電子機器の高機能化や自動車の電装化によるセラミック部品の中長期的な需要増加に対応できる体制を構築した。また厚生棟においては、将来的な人員増加にも備え、ミーティングルームや食堂スペースなども確保し、社員に対する福利厚生施設の充実も図っている。

厚生棟の外観

新生産棟の概要

構造・規模 :鉄骨造 地上7階
延床面積 : 33,262㎡ 
建築面積 :  5,306㎡ 
用途:  セラミック原料の生産 

厚生棟・エネルギー棟の概要

 厚生棟 エネルギー棟 
構造・規模 :鉄骨造 地上3階鉄骨造 地上2階
延床面積 :3,812㎡ 1,706㎡ 
建築面積 : 1,361㎡ 873㎡ 
総投資額 : 約160億円(建物、生産設備含む)

https://corporate.murata.com/ja-jp/about/newsroom/news/company/general/2021/0120

関連記事

  1. FDK:高出力円筒形二酸化マンガンリチウム一次電池の生産能力を2…
  2. KTが世界初の商用5Gネットワークを開始
  3. NECとシーメンス、工場の稼働状態や製品品質をAIを活用して監視…
  4. スーパーコンピュータ「富岳」 性能ベンチマークで世界第1位を獲得…
  5. アルプスアルパインが衛生面に配慮したタッチレス操作パネルを新提案…
  6. 村田製作所:野洲事業所の新生産棟完成。電極材料の生産能力強化
  7. ファンジブル、CPU、GPUと並ぶ第3の頭脳、DPUを発表
  8. BBCがコロナウイルスがもたらす経済的影響を視覚化
PAGE TOP