インダストリー

村田製作所、岡山にて新生産棟・厚生棟竣工

株式会社村田製作所の岡山県にある生産子会社、株式会社岡山村田製作所は新生産棟 および 厚生棟・エネルギー棟の増築を2019年12月より進めていたが、2021年1月20日に竣工式を行ったと発表した。

今回の新生産棟の完成によって、電子機器の高機能化や自動車の電装化によるセラミック部品の中長期的な需要増加に対応できる体制を構築した。また厚生棟においては、将来的な人員増加にも備え、ミーティングルームや食堂スペースなども確保し、社員に対する福利厚生施設の充実も図っている。

厚生棟の外観

新生産棟の概要

構造・規模 :鉄骨造 地上7階
延床面積 : 33,262㎡ 
建築面積 :  5,306㎡ 
用途:  セラミック原料の生産 

厚生棟・エネルギー棟の概要

 厚生棟 エネルギー棟 
構造・規模 :鉄骨造 地上3階鉄骨造 地上2階
延床面積 :3,812㎡ 1,706㎡ 
建築面積 : 1,361㎡ 873㎡ 
総投資額 : 約160億円(建物、生産設備含む)

https://corporate.murata.com/ja-jp/about/newsroom/news/company/general/2021/0120

関連記事

  1. 太陽誘電:積層セラミックコンデンサの需要増に対応。八幡原工場に新…
  2. ミネベアミツミ:群馬県及び岐阜県に半導体の設計開発拠点を新設
  3. アルプスアルパインが衛生面に配慮したタッチレス操作パネルを新提案…
  4. 長城控股:シノペックと水素エネルギーについて提携契約
  5. NECとシーメンス、工場の稼働状態や製品品質をAIを活用して監視…
  6. ローカル5G免許申請支援マニュアル
  7. 現代自動車グループ:海外初となる水素燃料電池システム専用工場「H…
  8. 将来の生産のために最も適しているのはどの国なのか?
PAGE TOP