IOT

北陸電気工業:非接触通信・複数読取が可能な識別技術により、画期的な金属対応タグ誕生

 北陸電気工業株式会社は 株式会社フェニックスソリューションの金属対応RFID( radio frequency identifier )タグの販売を開始すると発表した。

 昨今、非接触通信・複数読取が可能な個体識別技術として、RFIDタグの普及が進んでいる。しかし電波を利用するRFIDタグは、金属があると周波数変化、電波の反射等で読取率が低下する課題があった。

 今回発表されたRFIDタグは金属の性質を利用する特殊技術により、読取率の向上や通信距離、金属の積層/裏面からの読取を可能としており、作業効率が今まで以上に向上することに期待が持てる。

https://www.hdk.co.jp/japanese/topics_j/tpc160_j.htm

関連記事

  1. HUAWEI(ファーウェイ):スマートフォン向けOS「harmo…
  2. NXPが非接触型スマートシティ・サービス向けMIFARE DES…
  3. CATL(寧徳時代):ドイツ工場がバッテリーセル生産許可を取得
  4. SMK、業界最小クラス5Gアンテナ用コネクタ販売開始
  5. KEL:5.08mmピッチ 圧着ケーブル用コネクタ「FTCシリー…
  6. JAE:車載エアバッグ用ショート端子レスタイプのスクイブコネクタ…
  7. JAE:極数・高さにバリエーション。基板対基板フローティングコネ…
  8. SMK:嵌合高さ0.5mm。業界最小FPC対基板コネクタ「FB-…
PAGE TOP