部品・材料

TDK: EMC対策製品として車載CAN-FD用小型コモンモードフィルタの開発と量産

EMC対策製品: 車載CAN-FD用小型コモンモードフィルタの開発と量産

 TDK株式会社は、車載CAN-FD用コモンモードフィルタ「ACT1210Dシリーズ」を 開発し、2021年4月から量産することを発表した。

 車載LANは、ボディ系、安全系、パワートレイン系、マルチメディア・情報通信系に大別される。現在、ボディ系を中心に最も普及しているのはCANで、データ転送速度は最大1Mbpsだ。本製品はCANとそのデータ転送速度の5倍となるCAN-FD(5Mbps)に使用される。CiA、IECの要求特性を満たし小型低背サイズ(L:3.2×W:2.5×H:2.5mm)で優れたノイズ抑制効果を発揮する。独自の構造設計により良好な信号モード変換特性(Ssd21)を実現し通信品質に貢献できる。また高精度自動巻線機の導入および金属端子のレーザー溶接による継線方法により高信頼性を確保している。

 近年はADASにおける高速大容量のカメラ映像を扱うケースが急速に増加しており、これらに使用されるEthernet規格の1000BASE-T1用のラインアップと合わせ車載通信全般の製品をラインアップしている。

 生産予定数は当初は月6万個。2021年4月から日本で生産開始し、サンプル価格は165円/個だ。

●CAN:Controller Area Networkの略称で車載LANの通信プロトコルの一種。 ●CiA:CAN in Automationの略で車、電装メーカーからなる業界団体を示す。 ●IEC:International Electrotechnical Commissionの略称で国際電気標準会議を示す。

主な特性
製品名コモンモード
インダクタンス【μH】
@100KHz,100mV
直流抵抗
【Ω】max.
絶縁抵抗
【MΩ】min.
定格電流
【mA】min.
定格電圧
【V】max.
ACT1210D-101-2P100 ± +50%/-30%31011580

詳細は下記URLより

https://www.tdk.com/ja/news_center/press/20210406_01.html

関連記事

  1. 広汽AION:「弾倉技術」を搭載したリン酸鉄リチウム電池のニード…
  2. FDK:低温環境下でも放電性能が向上。車載アクセサリ市場向け ニ…
  3. 日本電波工業:業界最高クラスの低フロアノイズ特性を実現した超低位…
  4. 日本ケミコン:セラミックバリスタSVシリーズの高電圧帯220~4…
  5. ローム:圧倒的ノイズ耐量を達成したオペアンプ「BD8758xYx…
  6. 北陸先端科学技術大学院大学(JAIST):リチウムイオン2次電池…
  7. 日本電波工業:小型・低位相ジッタタイプ差動出力水晶発振器を開発
  8. JAE:産業機器向け角型多極一括嵌合コネクタ「KN06シリーズ」…
PAGE TOP