5G

ヒロセ電機:合高さ0.92mmハイトの超小型、30GHz対応「C.FLシリーズ」同軸コネクタを開発。

 ヒロセ電機は、今後増加する5Gミリ波対応の端末やCPE(Customer Premises Equipment、顧客構内設備)等のアプリケーションに向けて、嵌合高さ0.92mm(最大1.0mm)の超小型、30GHz対応プレス同軸コネクタ「C.FLシリーズ」を開発した。

  次世代通信規格5Gの市場では、ミリ波帯での運用が期待されており、5G対応端末やCPE(Customer Premises Equipment、顧客構内設備)のアンテナ基板とメイン基板の内部接続において、従来よりも高い周波数を流すことが想定されてる。そして、コネクタにもその帯域における特性を担保した製品が求められるようになってきたという。

 そこでミリ波帯の普及を見据え、30GHz対応の超小型同軸コネクタ「C.FLシリーズ」を開発した。嵌合高さ0.92mmと超低背小型ながら、レセプタクルのオス端子を細径化し、合わせてプラグ内部構造を最適化することで周波数特性を飛躍的に向上している。さらに、従来に比べ組み立て精度が飛躍的に上がったことにより、ミリ波帯における安定した通信に貢献する。また、適合ケーブルサイズは⌀0.64mmと非常に細く、かつフレキシブルで、機器内部での配線の際、引き回しやすくなった。

●詳細は下記URLより

https://www.hirose.com/corporate/ja/additional/pressreleases/C.FL_202105.html

関連記事

  1. 村田製作所:電子機器向け、世界最薄クラスの放熱部品開発
  2. ミリ波帯ローカル5Gシステムに対応した無線基地局の自動配置計算を…
  3. JAE:産業機器向け角型多極一括嵌合コネクタ「KN06シリーズ」…
  4. ローム:産業機器や基地局のモータ駆動に最適な業界トップクラスの低…
  5. 昭和電工:異種材料接合技術「WelQuick®」を開発
  6. 日本電波工業:小型・低位相ジッタタイプ差動出力水晶発振器を開発
  7. 三菱電機がローカル5Gの実証実験を開始
  8. DDR5:帯域幅の壁を打ち破る
PAGE TOP