部品・材料

FDK:低温環境下でも放電性能が向上。車載アクセサリ市場向け ニッケル水素電池「HR-AAUTEW」を開発

 FDK株式会社は、 ニッケル水素電池である「HR-AAUTEW」を製品ラインアップに新たに加え、2021年7月から量産出荷を開始すると発表した。

ニッケル水素電池「HR-AAUTEW」

 FDKは1991年から30年間、家電・セキュリティ・医療・車載アクセサリなど様々な用途向けに、「幅広い温度範囲で使用できる」、「充電して繰り返し使用でき環境にやさしい」、「リサイクル性が高い(使用済みニッケル水素電池はニッケルやコバルトなどを分離精製、再利用されるため)」、「安全性が高い(電解液が水溶性)」といった特長を有するニッケル水素電池を製造・販売している。

 昨今、多様化する車載アクセサリ機器の電源バックアップや主電源用途において、安全でより幅広い温度範囲で使用可能な電池の必要性が高まっており、幅広い温度範囲で使用可能な電池のニーズに対応するため、既存のニッケル水素電池「HR-AAULT」をベースに使用材料および構造などを徹底的に見直し、低温環境下での放電性能を向上させたニッケル水素電池「HR-AAUTEW」を開発した。

 その結果、電池の使用温度範囲を既存の-20℃~+85℃から-40℃~+85℃(1)へ拡大させるとともに、-40℃の環境下で1It(2)に相当する1Aの放電が可能となった。本製品は、2021年7月より「高耐久車載用途ニッケル水素電池」の製品ラインアップの一つとしてIATF16949認証を取得した高崎工場(群馬県高崎市)で量産開始。また、環境面については、RoHS指令・電池指令(2006/66/EC)などの環境法令に準拠している。

<製品仕様>
JIS規格に準拠した名称:HR15/51
公称電圧 :1.2V
公称容量 :1100mAh
定格容量 :1000mAh(3)                        寸法・質量 :外径14.2mm、総高50.0mm、約27g(4)
用途例   :eCall、トラッキング、カーアラーム、ドライブレコーダー、他      


*1:放電可能温度範囲。使用条件によって、放電容量や寿命は異なる。
*2:1It(A) = 定格容量(Ah)/(h)
*3:単電池を100mAで16h充電後、200mAで終止電圧1.00V迄放電後最小容量
*4:熱収縮チューブを含む

●詳細は下記URLより

https://www.fdk.co.jp/whatsnew-j/release20210614-j.html

関連記事

  1. 太陽誘電:電気二重層キャパシタ LT シリーズを商品化
  2. TDK:コンデンサ内蔵型3D HAL® センサをラインナップに追…
  3. 北陸先端科学技術大学院大学(JAIST):リチウムイオン2次電池…
  4. TDK: EMC対策製品として車載CAN-FD用小型コモンモード…
  5. SKハイニックス:EUV装置を使用した1anmDRAMの量産を開…
  6. CATL(寧徳時代):ZEEKRブランドが世界初となる麒麟電池を…
  7. 三社電機製作所:新型ダイオードおよびサイリスタ・ダイオードモジュ…
  8. 日本ケミコン:セラミックバリスタSVシリーズの高電圧帯220~4…
PAGE TOP