通信

YOKOWO:10Gbps の高速伝送に対応した、 小型光トランシーバー LC インターフェースを新開発。産業用小型カメラへの搭載を実現

 株式会社ヨコオは、高精細なカメラ画像を用いた外観検査工程での使用が期待される10Gbps 伝送に対応した、LC インターフェースを有する小型光トランシ ーバーを開発し、6 月よりサンプル出荷を開始した。

 新開発の小型光トランシーバーは、ヨコオ独自の技術により、光送信モジュールに駆動回路を内蔵し、 さらに受信モジュールにリミッターアンプも内蔵したことで、高い通信性能やユーザビリティはそのまま に、従来汎用品の光トランシーバー(SFP+)に比べ約1/3のサイズまで小型化することに成功した。光ケーブルは、銅線などを用いた同軸ケーブルなどよりも、低損失かつ広帯域で電磁ノイズの影響も受けないため、大容量データの長距離伝送に適している。

 これまで汎用の光トランシーバーはサイズ が大きく、産業用小型カメラへの内蔵が困難であり、結果として当該分野での光ケーブルの利用を妨げ る一因だった。今回開発した小型光トランシーバーは、従来汎用品に比べ約 1/3 のサイズまで小型化することで、産業用小型カメラへの内蔵を実現しており、光ケーブルを用いた大容量データ伝送を可能にした。

 外観検査は製品品質を高いレベルで維持していくために非常に重要な工程で、以前は人の目で行われてたが、AI 技術とカメラ技術の進展により自動化する企業が増えてきている。近年では、画像の高精細化によってより高度な外観検査も求められており、大容量画像データの高速伝送ニーズが高まりから、ヨコオはLC インターフェースを有する小型光トランシーバーについて、2022 年までに 3000 個/月の売上を目指している。

●詳細は下記URLより

https://www.yokowo.co.jp/upload/news/29HP7QQ-news_file_7892dc376dcbc675.pdf

関連記事

  1. docomo:瞬速5Gの基地局数が累計1万局を突破
PAGE TOP