部品・材料

TDK:車載電源回路用インダクタの開発と量産

インダクタ: 車載電源回路用インダクタの開発と量産

 TDK株式会社は、車載用電源回路用インダクタ「HPL505032F1シリーズ」を 開発し、2021年7月から量産する。

 車載用の電源回路に用いられるインダクタは多種多様だが、本製品は、特にADAS等のCPU、GPUの電源回路で使用される大電流、低インダクタンスの製品だ。独自に開発された高透磁率かつ低損失のフェライトに低抵抗のフレームを用いることで高い電源効率を実現している。

 また、同社従来製品(HPL505028)と比較し定格電流は1.5倍となる40~50Aの大電流に対応可能。独自の構造設計により、磁束のキャンセル効果としてノイズ対策に貢献するとともに、内部電極と外部電極を一体化したフレームによりにオープンやショートのリスクを低減し高信頼性を確保している。

主な用途

  • ADAS (Level5 for Camera)

主な特長と利点

  • 内部電極と外部電極の一体化によるオープンやショートのリスク低減
  • 低損失フェライトと低直流抵抗で高い電源効率を実現
  • 磁束のキャンセル構造によりEMIの低減
  • 動作温度範囲は、 –55 ~ +155℃(自己温度上昇を含む)

主な特性

製品名インダクタンス【nH】
@100kHz
直流抵抗
【mΩ】max.
定格電流
Isat typ.
【A】
25deg.C
定格電流
Itemp typ.
【A】
HPL505032F1060MRD3P60 ± 20%0.775434
HPL505032F1070MRD3P70 ± 20%0.775234
HPL505032F1080MRD3P80 ± 20%0.774234
  • Isat : インダクタンス変化率に基づく場合(公称値より30% 低下)
  • Itemp : 温度上昇に基づく場合(温度上昇40°C)

生産・販売計画

  • サンプル価格 :100円/個
  • 生産拠点 : 日本
  • 生産予定 :2万個/月(当初)
  • 生産開始 :2021年7月

●詳細は下記URLより

https://www.tdk.com/ja/news_center/press/20210720_01.html

関連記事

  1. TDK:コンデンサ内蔵型3D HAL® センサをラインナップに追…
  2. CATL(寧徳時代):第1世代のナトリウムイオン電池を発表
  3. ヨコオ:「5G 通信対応 0.4mm ピッチ、フルシールド高周波…
  4. 太陽誘電:電気二重層キャパシタ LT シリーズを商品化
  5. 東芝:パワー半導体トリプルゲートIGBTを開発。電力損失を大幅に…
  6. TDK:車載電源回路用小型インダクタの開発と量産
  7. 村田製作所:電子機器向け、世界最薄クラスの放熱部品開発
  8. ヒロセ電機:合高さ0.92mmハイトの超小型、30GHz対応「C…
PAGE TOP