スマートグリッド

パナソニックがRE100実証工場を稼働
純水素型燃料電池と太陽電池、蓄電池の3電池を連携し再エネ100%目指す

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、純水素型燃料電池と太陽電池を組み合わせた自家発電により、事業活動で消費するエネルギーを100%再生可能エネルギーで賄う「RE100ソリューション」実証施設を2022年4月15日より稼働した。本格的に水素※1を活用する工場のRE100化は、世界初※2の試み。 

実証施設「H2 KIBOU FIELD」〈約6,000 m2(約80 m×75 m)〉

今回、滋賀県草津市に5 kW純水素型燃料電池99台(495 kW)と太陽電池(約570 kW)を組み合わせた自家発電設備、余剰電力を蓄えるリチウムイオン蓄電池(約1.1 MWh)を備えた大規模な実証施設を設置。ここで発電した電力で燃料電池工場(滋賀県草津市野路東2丁目3番1-1号)の製造部門の全使用電力を賄うとともに、3電池連携による最適な電力需給運用に関する技術開発および検証を行う。パナソニックがこの 実証施設「H2 KIBOU FIELD」 のために投じた費用は十数億円にのぼる。

H2 KIBOU FIELDではこちらの電池工場の屋上に太陽光パネルを敷き詰めた想定で検証する〈約4,125 m2(約75×55 m)〉

この実証施設では太陽光発電由来の電力を優先的に使用し、残りを燃料電池による電力で賄う。シミュレーションでは、太陽光発電由来の電力が約2割、純水素型燃料電池が8割の電力を賄う想定。蓄電池を併用し、電気使用量がピークになった時でも必要な電力を安定的に賄うことができるようにしている。工場稼働時のピーク電力を太陽光パネルのみで発電しようとすると、平均値で計算した場合でも、工場の敷地面積の5倍以上の敷地が必要になる。それでも電力が不足した時には電力会社からのグリーン電力を購入するようになっている。

水素電池に補充される液化水素は岩谷産業株式会社より20000リットルのタンクローリーで運ばれ、液化水素のタンク78000リットルに定期的に充填されていく。

この純水素型燃料電池「H2 KIBOU」は、5 kWという、工場用としては比較的小さな容量の純水素型燃料電池である。これを99台連携させることで、建屋・敷地に合わせたレイアウトで大電力化しながら、必要な電力量に応じて機器を発電させたり停止させたりする運用が可能になる。これにより、機器劣化を抑制と、生涯発電量の最大化を実現させる。工場内の稼働を止めることなく、無停止でのメンテナンスも可能になる。

この実証実験がうまくいけば、RE100、脱炭素、BCP、自家消費を考えていて、敷地の拡大等が難しい様々な工場が導入を検討すると思われる注目のシステムである。

今回パナソニック株式会社 燃料電池事業横断推進室 水素事業企画課の河村課長にお話をうかがった。

※1. 環境価値証書の活用を含む再生可能エネルギーにて生成されたグリーン水素を活用することでRE100に対応可能、実証開始時は再エネ由来の水素を用いるものではありませんが、将来的には再エネ由来の水素を使用したRE100化を目指しています。
※2. 工場の稼働電力を賄う自家発電燃料として本格的に水素を活用した実証において(2022年3月31日現在、パナソニック調べ)

引用元

https://news.panasonic.com/jp/press/data/2022/04/jn220415-1/jn220415-1.html

関連記事

  1. Electreon:イタリアでのワイヤレス充電道路が商業化
  2. スマートエネルギーweek春2022
  3. SHARP:住宅用 単結晶太陽電池モジュール2機種を発売
  4. ニチコン:新たにEV・PHV用100kW・50kW出力急速充電器…
  5. 2022 JAPAN IT WEEK 春
  6. LGエレクトロニクス:韓国電池メーカーAppleMangoを買収…
PAGE TOP