オートモービル

LGエレクトロニクス:韓国電池メーカーAppleMangoを買収、EV車充電事業に進出

情報機器・総合家電メーカーLGエレクトロニクス(通称:LG電子)は、GSエネルギー、GSネオテックと共同で韓国電池メーカーAppleMangoを買収し、EV車充電業界に参入すると発表した。買収後、AppleMangoはLG電子の子会社になり、LG電子、GSエネルギー(GS Energy)とGSネオテック(GS Neotek)はそれぞれ60%、34%と6%の持分を取得する。

2019に設立されたAppleMangoは独自オリジナルの技術を保有し、低速充電器から急速充電器まで、家庭用から商業施設用まで多様な充電需要に対応でき、技術力が認められた。

Lg電子は今回GSとの共同買収を起点として、電気自動車充電ソリューション事業に進出する。GSと協力して、自社の電気自動車充電制御システムと今回の買収により新たに取得した電気自動車充電パイル開発技術との相乗効果を探し、ソフトウェアとハードウェアを組み合わせた総合的な電気自動車充電ソリューションプロバイダーになることを望んでいる。

環境に優しい自動車需要の拡大に伴い、電気自動車充電市場は急速な成長が見込まれる。電気自動車充電市場の急速成長に対応するため、LG電子は色々対策をしている。LG電子は2018年、CTO部門で電気自動車充電ソリューションの先行開発を始めた。2020年にはGSカルテックスがソウル瑞草区に新設した未来型ガソリンスタンドのエネルギープラスハブ(Energy Plus Hub)に総合的な電気自動車充電管理ソリューションを提供した。その後、商業化のため、電気自動車充電管理ソリューション事業はB2B業務を担当するBS(Business Solutions)部門に移行された。今回の買収も電気自動車時代のための準備の一環だとのこと。

これによりLG電子はVS事業本部(インフォテインメント)、ZKW(ランプ)やLGマグナイパワートレイン(電気自動車パワートレイン)などの電気自動車事業に加え、電気自動車充電ソリューション事業に進出し、未来の電気自動車時代のため、最適な製品を作り出し、今後グループ内のバッテリー事業との高いシナジーが期待される。

引用元:
https://live.lge.co.kr/prints/?post=201558
http://www.applemango.co.kr/

関連記事

  1. SHARPが電源不要で密閉空間を40~90%RH内の望み通りの湿…
  2. BYD:バルセロナ交通局に12メートルの電気バスを供給
  3. パナソニックがRE100実証工場を稼働
    純水素型燃料電池と…
  4. XIAOMI(小米・シャオミ):自動運転新興企業DeepMoti…
  5. 中国バッテリー大手・CATL:ダイムラートラックAGと協力関係強…
  6. CATL(寧徳時代):第1世代のナトリウムイオン電池を発表
  7. 広汽AION:「弾倉技術」を搭載したリン酸鉄リチウム電池のニード…
  8. メルセデス・ベンツはドイツでEVバッテリー回収工場を建設
PAGE TOP