AI

  1. NEC:腸がんの早期発見精度の改善に期待。AIで病変が疑われる部分を自動検知

     NECは、2016年から国立がん研究センターと連携し、1万病変以上の内視鏡画像を専門医の所見と併せてAIに学習させることで、病変が疑われる部位を自動検知するソフトウェアを開発した。その上で、大腸内視鏡用のAI診断支援医療機器ソフトウェア…

  2. JAE:極数・高さにバリエーション。基板対基板フローティングコネクタ「AX01シリーズ」拡充。

    2020年10月15日、 日本航空電子工業は、内装用フローティングタイプ基板対基板コネクタ…

  3. メルセデスが提唱するクルマの新たな価値「CASE」

    2016年9月に行われた「パリモーターショー2016」で、メルセデス・ベンツは、パワートレインの変…

  4. 東芝デジタルソリューションズが金属組織試験自動化ソリューションを提供開始

    東芝デジタルソリューションズ株式会社は、鉄鋼業や自動車・航空機部品の製造業向けに、金属組織試験自動…

  5. ボルボとLiDAR(ライダー)メーカーのルミナーが2022年までにハンズフリー運転を提供

    レベル3機能は業界初5月8日発表のボルボのプレスリリースによると、ボルボは…

  6. NECとシーメンス、工場の稼働状態や製品品質をAIを活用して監視・分析するソリューションを提供

  7. 日立製作所が「高速人物発見・追跡ソリューション」を販売開始
    全身特徴を使って特定人物を高速発見

  8. 日立製作所が「高速人物発見・追跡ソリューション」を提供開始

  9. メルセデスベンツの自動運転

  10. 人工知能ソフトウェア市場は、2025年までに年間世界売上高で1,186億ドルに達する(Tractica調べ)

PAGE TOP